close >>

月別投稿記事

インプラント

インプラントってどんな治療?

まるで本当の自分の歯のように生活できる。それがインプラント治療です。
インプラント治療とは、手術によって歯を失った顎骨(あごの骨)の中に人工の歯根を植え込み、人工歯を取り付ける方法です。顎の骨と人工歯根によって、しっかりと人工歯を支えることができるのです。
「しっかり噛める!しっかり食べられる!それが大切です。」

・違和感がなくしっかり噛むことができます。
・健康な他の歯を傷めずに治療することができます(歯がなくても治療が可能)。
・見た目が美しい。
・自然な発音

こんな人のお役に立ちます

インプラント治療なら・・・例えば、こんな悩みを解決します。
<そもそも歯がない!>
◎事故で前歯がなくなってしまった。
◎生まれつき歯の生えてこない部分がある。
◎ブリッジができない。(丈夫な歯がない・歯が全くない)

たとえ周りに健康な歯がなくてもインプラントは埋め込み可能!

<他の歯も大切>
健康な歯はなるべく削りたくない。

<ブリッジ治療>
ブリッジでは、欠損部分の両隣の健全な歯を削って、人工歯(冠)をかぶせます。
<インプラント治療>
インプラントは、健全な歯を傷つけず、治療できます(入れ歯のように支えの歯も必要ありません)

<入れ歯が不満>
入れ歯には抵抗がある。
入れ歯が会話の途中で外れてしまう。
入れ歯の安定が悪くて物がうまく噛めない。味わえない。
人前で自信がなくなった。

複数のインプラントで総入れ歯もしっかり固定!
複数のインプラントで総入れ歯をしっかり固定すればこれまでの入れ歯のようにぐらつくことはありません。
まさに自分の歯が蘇る感じです。

インプラントQ&A
<はじめに>
インプラント治療は手術を必要とする高度な治療法のため、事前に入念な準備を必要とします。また、治療後も毎日の正しい手入れ 、体全体を含めた健康状態のチェックが必要です。インプラント治療をよく理解してから、治療に臨みましょう。

Q, 誰でも受けられますか?
A, 現時点では誰もが受けられる治療法ではありません。
顎の骨の状態や年齢、健康状態により、できない場合もありますので、担当医にご相談下さい。

Q, 糖尿病なのですがインプラント治療は無理でしょうか?
A, 疾患の状態は人によりますので、まず医師に相談してみることをお勧めします。
糖尿病などの全身的な疾患がある場合でも、病状のコントロールが可能であれば、インプラント治療ができる場合もあります。

Q, 手術は大変ですか?
A, 歯を2~3本抜く程度です。
埋まっている親知らずを抜くより楽です。時間は1時間程度です(埋入する本数により異なります)。

Q, インプラント治療の期間は?
A, 4ヶ月~8ヶ月の通院が必要です。
インプラントが骨と癒着するのに2~6ヶ月かかります。期間は長いですが、通院の回数は数回です。

Q, インプラント治療の費用は?
A, 現在は保険診療の対象外になっています。
患者さんの口の状態や、埋め込む本数によります。

Q, インプラントは虫歯にならないのですか?
A, 虫歯にはなりません。
しかし、細菌感染には非常に弱いので、口の中を常に清潔に保つ必要がある点は天然歯以上に大切です。

Q, インプラントの寿命は?
A, 多くの方は長期間使用できます。
ただし、口の中が正しく清掃できていない場合は、寿命がどんどん短くなります。

当院ではインプラント治療を専門に研修した歯科医師が治療に当たっております。詳しいことは担当医にお気軽にご相談下さい。

インプラント治療を受けて

インプラント治療で始まる新しい生活—治療を受けた人の人の生の声を。

インプラントで喜び噛みしめて。
キーンという金属音に怯え、歯に痛みが来てもトコトン限界まで我慢してきた報いで、とうとう還暦を前にしてものが噛めない状態となり、しごとにも身がはいらずどうしたものかと悩んでいた折り、友人から「インプラント治療」の体験談を耳にし、半信半疑でインプラント治療の相談に臨みました。詳細を知るに及び、治療後の機能を考えたらインプラントこそ究極の治療法と悟り喚起して治療をお願いしました。
ものが噛めない苦痛で惨めな時に出会ったインプラント及び周辺治療(歯周病等)により、その後の私のライフスタイルに大きくプラス作用し、様々な意味で喜びを噛みしめています。
(K氏・会社役員・男性・63歳)
きれいな歯を削らずに治療できました。
きれいな前歯は私の自慢のひとつでした。約半年前にその前歯をぶつけて折ってしまいました。急いで近くの歯科医院に駆け込みましたが、根の部分が折れているので差し歯もできないと言われ、抜くことになりました。
抜くことだけでもショックだったのに、歯を治すには隣の歯を削ってブリッジにしなければならないといわれ、泣き出してしまいました。そんな私を見るに見かねて、その歯科医院の院長先生が、インプラント治療を紹介してくれました。そのとき初めてインプラント治療を知りました。
手術をするといわれ、はじめは怖かったのですが、優しいスタッフや先生方に恵まれて安心して治療を受けることができました。
治療が終了して3年経ちますが、まったく自分の歯と同じ感覚で使うことができます。また見た目にも全く変わらないので以前のように大きな口を開いて笑うことができます。(笑顔が戻ってきました) これからも自分の体の一部としてインプラントを大切にしていこうと思います。
(Tさん・OL・女性)